なるほど、脂肪燃焼と筋肉の関係がわかる!


脂肪は燃焼する?でお話ししましたが、脂肪細胞が燃焼するのではなく、脂肪細胞から出てきた脂肪が分解され、脂肪酸になります。これが筋肉のエネルギー源として利用されます。これが、脂肪が燃焼するとうイメージに近いと思います。

筋肉はグリコーゲンがガソリンの役目。燃料が不足すると脂肪を使うイメージです。その為に、脂肪は筋肉の近くに待機しています。ですから、脂肪は筋肉にくっついています。

脂肪は、中性脂肪(トリグセライド)を貯えるところで、筋肉の動きが燃やしてくれる感じです。


ふむふむ、脂肪は筋肉についているのですね~


例えば、腕の筋肉。

前についているのは上腕二頭筋、ここはいつも動かしているので脂肪はつきづらいです。後ろについているのは、上腕三頭筋、ここは腕をねじる時や、後ろに持ってきたものを上げる時くらいしか使わない筋肉なので、上の付け根から後ろ側は脂肪がつきやすいですよね。


内臓脂肪は内臓の筋肉に・・?


ちなみに女性ホルモンは皮下脂肪に脂肪をたくわえろ!と指令をだすので、女性は皮下脂肪に脂肪がつきやすいです。皮下脂肪は、骨格筋(横紋筋)という筋肉と皮膚の間にくっついています。筋肉の層の間に脂肪がしもふりのように入って層になっています。

一方、男性型肥満は内蔵脂肪で、内臓筋(平滑筋)につきやすいそうです。男性には、お腹だけポンッと、つきでている方をよく見かけますよね。


Don’t  worry!

内臓脂肪は、取れやすいのです。

 

効率の良い脂肪燃焼に関わる筋肉のお話は、また別の機会にもう少し詳しくいたしますね!

 

                          〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-18-7 博愛堂ビル 10F

                TEL 03-6302-0387

ご予約はこちらから 

TEL 03-6302-0387

メンズエステサロンDANDIA

ヘッドス・頭皮ケア リッツ

頭皮に優しいノンジアミンヘアカラー、パーマ(渋谷店にて)やってます♪ヘア&頭皮のことならリッツにお任せ!

 

    ~オーナーコラム~

・とにかく安くしました!キャビテーションコース